健康志向の人は食べ物の好き嫌いが少ない!

健康と長寿の情報をまとめた健康サポートサイト

好き嫌いは健康志向の阻害要因

健康志向の方の多くが好き嫌いをせず健康的な食生活を送りながら、適度な運動を生活習慣に取り組み健康な体作りを行って、寿命や健康寿命の引き延ばしを図っており、実際に健康志向を生活に取り入れることに成功し、健全な生活による肉体の健康化に成功しているのですが、健康志向を生活に取り入れたからといっても、必ずしも寿命や健康寿命を延ばせる方ばかりではなく、健康志向にこだわることでむしろ健康を害してしまうこともあるため、食事の好き嫌いをせず健康志向な生活を送っている方が、絶対に寿命や健康寿命を延ばせるかと言われるとそうとは限りません。

健康志向で逆に健康を害してしまう典型的なパターンがあり、健康に関する知識、具体的には一日に必要な栄養素を知らず、自分の性別・年齢・体重・職業に応じた適性摂取カロリーの計算方法がわからない場合や、幼少期に行われた食育の過程で不備があったことで、偏食の原因が好き嫌い以上に精神的トラウマに根差してしまった場合に加え、健康志向を生活に取り組むための努力や健康志向を組み込んだ生活を送ることで感じるストレスが、健康志向を生活に取り入れることによるストレス解消効果を上回ってしまった場合の三通りが想定され、特に最後のストレスは未だにそのメカニズムが解明されていないにも関わらず、あらゆる疾病の原因となり得る万病の元と仮定されていることから、健康へ及ぼす影響も甚大なものと考えられます。

もっとも、基本的には健康志向がプラスにはたらくことはほぼ間違いないので、正しい知識に基づき、ストレスにならない範囲で健康志向を生活に取り入れる努力を継続することが、健康な生涯を送るポイントでしょう。

健康志向で好き嫌いの少ない人が長生きできるとは限らない

健康志向を生活に取り入れることで得られる健康面でのメリットと、健康の維持促進による寿命並びに健康寿命の延長という健康志向の基本的な目的を提示しつつ、食事の好き嫌いが健康志向を生活の中に取り組む上でどのような影響をもたらすのか述べたページです。

食生活の中で健康志向を意識する

健康志向の柱となる食事による必要な栄養素と適切なカロリー摂取及び適度な運動のうち、食事をクローズアップして、健康志向を生活に無理なく取り入れるための幼少期の食育の重要性と併せ、健康志向の食事を生活に取り入れることで生じるメリットへの言及を行いました。

健康志向のデメリットとデメリットの発生対策

意外な盲点となっている健康志向を食生活に組み込む過程で生じ得るデメリットとして、栄養素とカロリーの摂取量に代表される健康に対する知識の欠如や食育の失敗で生じる可能性がある好き嫌いの激化に触れながら、それぞれのデメリットへの具体的な対策の一部を例示することを試みています。