健康と長寿の情報をまとめた健康サポートサイト

健康志向のデメリットとデメリットの発生対策

意外な健康志向のリスク

一見すると良いこと尽くめの健康志向ですが、実はリスクも存在しており、健康志向の行き過ぎで食事に際し、肥満の原因の一つである炭水化物の摂取を抑制しようと極度の低炭水化物食を継続してしまい炭水化物の不足を招くこともあれば、動物性タンパク質に代わり植物性タンパク質を過度に摂取する食事を続けた結果、ホルモン異常を引き起こしたようなパターンもあるなど、健康志向もきちんと理解をした上でのものでないと健康を害しかねません。

もちろん、これらの症状は健康志向を正しく行わなかったがために生じたものであって、健康志向そのものに問題があるわけではありませんが、炭水化物や脂質の摂取のし過ぎが体に悪い、ビタミンやミネラルが体に良いといったように、漠然とした知識しかないと、炭水化物や脂質の不足に陥り、ビタミンやミネラルの過剰摂取を招くリスクがあることは知っておくべきでしょう。

好き嫌い対策による健康志向リスクへの対策

健康志向リスクの代表的な原因は栄養素に対する知識の欠如が代表的ですが、これ以外のリスク要因として、幼少期に行った健康志向のための食育経験による好き嫌いの激化も健康志向リスクの一つで、幼少期から将来を見越した食育を行ったものの、食育の過程でかえって偏食になってしまうことが多々あり、単なる好き嫌いのレベルに収まらず、トラウマ化してしまい心理的にも受け付けなくなってしまうパターンがあります。

このようなリスクを防ぐためには、食育において好き嫌いをある程度容認して、ピーマンが苦手な子どもには野菜ならカボチャやトマト、乳製品ならヨーグルトのように代替可能な食品を食事やおやつに取り入れる形で補ったり、定番ですが細かく刻んで匂いの強い食材に混ぜ込んだりといった対策を取るのが無難です。